塩尻耕人たち

塩尻で起きている最新情報を
お届けしています

塩尻市 地方創生推進課 地方創生推進係の職員として、塩尻の魅力を伝えるべく各地を飛び回っている山田崇のfacebookです。
各地で開催されるイベントや講演の情報を随時発信しています。

山田崇のfacebookはこちら

塩尻市職員 山田崇

塩尻耕人とは

おいしい野菜にきれいな水、それらを育む豊かな自然。
でも、塩尻の一番の魅力はなに?と聞かれたら、
そこに暮らす人たちだと答えます。
でも、なぜ?と聞かれたら、
塩尻には、鋤で田畑の土を返すようにこつこつと、
このまちの人の暮らしや社会を豊かにしたいと活動する、
未来を耕す人に溢れているからだと答えます。

塩尻の人は言います。
このまちは、想いを持って行動する人、
たとえそれが外から来た人であっても、
皆が快く応援してくれるのだと。
それはきっと、塩尻が江戸の宿場町であった時代から
人と人との風通しがよく、外のものを柔軟に受け入れる文化として、
田畑の土のように、今もしっかりと受け継がれているのでしょう。
そんな塩尻のまちで未来を耕す人たちのことを
「塩尻耕人(しおじりこうじん)」と呼び、
それぞれの活動を取材することで、
塩尻と社会の未来を一緒に耕していけたらと考えています。

塩尻未来会議

塩尻未来会議とは

塩尻の未来を、市民と市役所が一緒に描いていく対話プロジェクト「塩尻未来会議」は、第五次塩尻市総合計画づくりに合わせて、2013年に始まりました。
まちづくりの目標や道筋を描くために、老若男女問わず、塩尻市内外を問わず、市民、市役所、企業、NPOが、未来をつくるための対話の場として継続的に開催されています。
この会議から、外国人のためのコミュニティスペースが生まれたり、空き家のオーナーとゲストハウスのアイデアが結びついたりしています。

やりたいことがある人も、やりたいけれどもやもやしている人も、ひとりで考えているだけでは前に進まないときには、塩尻未来会議においでください。
「塩尻未来会議」で人と話し合うことで、未来のプロジェクトが描けるかもしれません。
あなたの未来のプロジェクトがまちの未来をつくります。

開催予定は、塩尻未来会議のfacebookでぜひチェックしてください

今までに開催された塩尻未来会議のレポートを読む

ビジョナリーシティ塩尻についてvisionary city Shiojiri

あなたのビジョンが
まちのビジョンになるまち

塩尻市は、30年後も”選ばれる地域”であり続けるために、
目指す都市像として「確かな暮らし 未来につなぐ田園都市」を掲げ、
2015年4月に第五次塩尻市総合計画を策定しました。
暮らしを未来につなげるためには、子どもたちが生き生きと育ち、若い人たちが
それぞれの夢を実現できるようなまちの未来へのビジョンが大切です。
そして、忘れてならないのは、
まちはひとりひとりの夢や思いが集まってできていくということです。

塩尻は、あなたのビジョンがまちのビジョンになるまちであること
+未来を見据えてつくられるまちであること
=「ビジョナリーシティ」を目指しています。

「ビジョナリー(visionary)」とは、「先見の明がある」という意味です。
「ビジョナリー・カンパニー」と使われるときは、先進的・独創的なビジョンで経営される企業という意味になります。
塩尻市は、ひとりひとりがもつ「ビジョン」と、先見の明のあるまちづくりという意味での「ビジョナリー」を組み合わせています。

CITY PROMOTION MOVIE

  • 塩尻に住みたい方へ 塩尻市 地方創生推進課 地方創生推進係
    直通電話:0263-52-0714
  • 塩尻に一度来てみたい方へ 塩尻市 地方創生推進課 地方創生推進係
    直通電話:0263-52-0714