塩尻未来会議

2017/2/28

[塩尻”超”未来会議]「ぼくらは地方で幸せを見つける 〜ローカル×若者×MICHIKARA〜」を開催しました!

塩尻未来会議」は、まちの課題をみんなで考えて、課題解決に挑戦したいという人たちを応援していくために、市民や企業、NPO、行政がともに対話をする場として継続的に開催されています。

2016年度5回目となる塩尻未来会議が、2月20日(月)、東京・原宿駅前にある「if space」にて行なわれました。
東京での「塩尻未来会議」は初開催!塩尻を”超えて”東京から塩尻の未来を語る取り組みを「原宿 if space」との連携により2日連続で開催しました。(2月21日に開催した[塩尻”超”未来会議]「地方で暮らす、働くを考える 〜ローカル・ワークライフバランス/信州大学地域ブランド実践ゼミ企画」はこちら)

今回は、東京に住みながらも塩尻を応援したい人たちに向けてのイベントで、約40人の方々にお集りいただきました。塩尻市の地方創生・移住定住促進・シティプロモーションの取り組みにより、首都圏に多くのファンが増えてきているようです。

当日の様子は、原宿 if spaceのフェイスブックページからもご覧いただけます

まずは、月刊ソトコト編集長の指出一正さんをゲストにお迎えし、2016年12月発売「ローカル×若者=∞の新しい未来」にまつわるトークセッションを行いました。
全国各地の様々な取り組みを紹介しながら、特に印象的だったのは「人」にまつわるお話でした。

「いま必要なのは、観光案内所じゃなくて、”関係案内所”だと思います」と、指出さん。

なぜいま大学生がゲストハウスを利用するのか。
スマホでほとんどの情報が手に入るいまは、従来の旅では充足感を得られなくなってしまった。だけど、「人に会う」という経験は、スマホからは絶対に得られないコトだ。共有空間が多いゲストハウスこそが、人と会える「関係案内所」であり、「会いたい人に会わせる役割を持った人」こそが、これからの時代の「編集者」となる。それがゲストハウスのオーナーの場合もある。

かつで雑誌でやっていた”メディア”という役割を、いまは「人」が担っている。当事者じゃない誰かが発信した言葉よりも、拙くとも”想い”を持った人が発信した言葉に共感する時代。

「その地域のことを真剣に考える人がどれだけいるか。顔の見える人が何人いるか。
ただ寝に帰る人が50万人居たって、だめ。真剣に考える人が何人か居るかが重要なんです。
いままで取材してきて思ったのは、弱音を見せられる街が、人を惹き付ける街だと思います」

それはまるで、人を惹き付ける”人”の条件のようですね。

——————————————

第2部からは、塩尻ワインを片手に、「MICHIKARA」の、株式会社チェンジウェーブ 代表 佐々木裕子さんと、「原宿 if space」の、株式会社フューチャーセッションズ 代表 野村恭彦さんも加わり、塩尻市の地方創生の取り組みを語る「塩尻ファンミーティング『塩尻”超”未来会議』」を開催しました。

MICHIKARAとは?
地方自治体職員と首都圏大企業のプロフェッショナル人材が協働してイノベーションを起こすためのプラットフォームとして2016年1月〜2月に第1期を塩尻市役所×ソフトバンク×リクルートで開催。期間としては都内でキックオフ後、2週間のリモートワーク後、塩尻市にて2泊3日の合宿。最終日には市長への施策提言をするデザインになっている。2017年6月〜7月に第2期プログラムとして実施し、民間企業はソフトバンク、リクルートに加えて、新たにJT(日本たばこ産業)が参画。2016年10月にはグッドデザイン賞2016を受賞。
原宿 if spaceとは?
3ヶ月限定で原宿駅前に誕生した、人と人のつながりによって地域イノベーションを生み出すための場。

左から、野村恭彦さん(フューチャーセッションズ)、佐々木裕子さん(チェンジウェーブ)、山田崇さん(塩尻市役所シティプロモーション係)、指出一正さん(月刊ソトコト編集長)

佐々木さんは第一部での「関係案内所」というキーワードを受けて、「巻き込む人」が大切と言います。

「私もすごくシャイなので…。地方創生って、特殊な人たちがやっている世界のような気がしてたんです。そんなふうに、情報に触れているけど強引に誘われないと来ない人って、結構いると思うんですよね。
どうやってそういう人たちをここに連れて来るかが、”MICHIKARA”の最初のときも話していました。そこに近いところに”関係案内人”がいないといけないですよね」

最初の一歩を踏み出せば、地域の人の心に触れて、その魅力にハマるはず。「MICHIKARA」もMICHIKARAインターンも、関わり始めるとどんどん地域のファンになって、何度も足を運ぶようになりました。

野村さんは、「自分自分がその課題を本気でやれるかが大事」と言います。

「ひとりのパッションが、企業を動かすこともあります。”自分は会社を動かせない”って決めつけてしまうのは、もったいない。大企業は、”自分たちは失敗ができないビジネス”と言うが、そういう考え方に捕らわれすぎてると思う。もしかしたら自治体もそういうところがあるかも知れない。主体性を持った方がいいと思います。
だから、これからは、ひとをエンパワーするサービスがあれば、パワフルなビジネスになると思います。あるいは、リスクをとったときにサポートできるビジネスとか。こういうプロジェクトに関心のある、これまで関係のないと思っていた業態の人が、物凄く可能性があると思います」

指出さんは、「東京には”自分ごと”として捉えたい若者がたくさん居る」と言います。

「島根県のしまコトアカデミーの卒業生が、いい事を言ってました。”僕たちはモヤっとピープルです”、と。どういうことかと言うと、ものすごくいい名刺、いい肩書きを持ってるけれど、断片的な仕事しか任されない、安全なシステムの中で働いてて、自分が何の為に働いているのかわからない。だからモヤモヤしている、と。
でも地域に行ったら、自分たちと同世代の若者が、何のために何をして、誰が幸せになるかちゃんと分かる仕事をしていた。だから、自分もこんなふうに働きたい、と。そういう出会いを探しているんですよね。
山田さんなんかは、そんな”自分ごと”への誘導役になっていると思います」

今回も、「塩尻の話を東京でする」という特殊な環境の中、たくさんの方々にお集りいただきました。会場を見渡しながら、「こんなに人が集まるようになったんですね」と言う山田さんに、佐々木さんが一言。

「それは山田さんが本気だからですよ」。

未来会議のあとは、塩尻ワインを持ってご歓談。
あちらこちらで新たな繋がりが生まれ、「人」の重要性をあたらめて感じた夜でした。

<共催企画紹介>

信州ゆかり飲み
地元カンパニーから発信する、ある地域の人が集まった飲み会「ゆかり飲み」の、信州バージョン。ちょっとした悩みを共有したり、長野県の情報を得たい人たちが集まり交流を深めています。

毎月20日は「塩尻ワインの日」
ソフトバンクの地方創生インターン「TURE-TECH」から生まれた、「塩尻ワインの会」。塩尻のワインを通じて、地方創生、日本ワインの知見を広めるイベントを企画しています。

※ソフトバンクの地方創生インターン「TURE-TECH」関連記事
 ソフトバンクが「地方創生インターン」を始めた理由(ダイヤモンド社書籍オンライン)
 地方創生は、誰のものか。~「地方嫌い」な東大生が見た地方という現実〜(東大発オンラインメディアUmeeT)

信州移住計画「信州移住茶論」
信州に住んでいる・信州に住みたい・信州が好きな人の交流の場です。


<MICHIKARAインターン 関連リンク>

ー 「塩尻市の目指す地方創生~交わることで変わるもの、生まれるもの」(松本経済新聞)

SPIRIT(リクルートキャリア)

WILL 地域創生(リクルートマーケティングパートナーズ)

 

(Text&Photo:吉川真以)